すぐに答えを返す親切設計なサイトを目指して運営しています。

からあげクンレッドの値段を考慮しても高評価な4つの理由とは

どうもこんにちは、からあげクンマニアの管理人です。

ここではからあげクンが好きすぎてその熱い思いを記事に書き残したく、からあげクンに対して熱く語った記事内容となっております。

からあげクンの値段や個人的な評価。

はてや糖質やカロリーといった所まで深く掘り下げていきたいと思います。

 

 

からあげクンの値段とキャンペーンについて

からあげクンの値段は216円(税込み)です。

基本的には5個入りなので1個当たりが約43円という計算に。

全国のローソンで販売されています。

 

からあげクンは頻繁に1個増量キャンペーンというキャンペーンがあります。

これは期間限定ですが、その期間中にからあげクンを購入すれば、いつもなら5個入りなのが同じ値段で6個入りが手に入っちゃうという嬉しいキャンペーン。

 

値段はそのままだからキャンペーン時は1個あたり43円⇒36円とさらにお安くなっています。

 


スポンサードリンク

 


 

からあげクンレッドに対する個人的な評価

この記事を書いている僕は何を隠そう、からあげクンを20年以上愛してやまない人間です。

「えっ!?そんな昔からからあげクンってあったの?」って思う人もいらっしゃるでしょう。

というのも実はからあげクンって歴史は古く、発売されたのは1986年の4月なのです。

そう、発売されてから30年以上も経っているんですね。

 

僕とからあげクンの出会いは小学1年生の時でした。

お父さんは毎日仕事が終ったら家で晩酌をする為につまみを買ってくるのですが、父もからあげクンが好きで良く買ってきてたんですよね。

お金もあまりない、決して裕福な家庭とは言えない家計なので、買ってくるのはいつもからあげクン1セット。

僕は「食べたい食べたい!」っていつもねだって、2~3個ほど父の大事な酒のつまみであるからあげクンを奪っていた記憶があります^^:

 

そんな事もあり昔からからあげクンが好きなのですが、中学生になろう頃から僕はからあげクンレッドの魅力にどっぷりとはまってしまいました。

 

辛いのが苦手な人も多いと思いますが、このからあげクンレッドはそこまで辛すぎない絶妙なバランスとなっています。

このからあげクンレッドとおにぎり二つを買うのが、いつしか僕がローソンで昼食を買う時の定番となっていったのです。

(おにぎりも暖めないのがポイントです。冷たいおにぎりに暖かいからあげクンレッドを頬張るのが至福の一時。イメージで言えば「運動会の休憩中に天気の良い外で昼食をとるならやっぱりおにぎりとからあげだよね!」って感じです。そんな感じでおにぎりとからあげクンレッドを一緒に食べる時は未だにワクワクするんです笑)

 

そうして大人になってからもたまに晩酌のつまみとして、昔の父のように僕もローソンでからあげクンレッドを買ったりもしていたんですが、20年近く付き合ってきたからあげクンの新たな魅力を昨日発見してしまったのです!

 

からあげクンレッドの高評価ポイント1:冷ますと辛さ倍増

からあげクンレッドを買う人って、ほんのちょっとの辛さを求めている人が多いと思います。

しかし元々辛いのが好きな人からすれば辛さが少し物足りなかったりもするんですよね。

僕もその内の一人で、からあげクンレッドは美味しいんだがもうすこ~し辛さがあれば良いなぁって思っていたりもしました。

 

そんな中先日からあげクンレッドを買ってきて、いつもはすぐに食べたり時間が経ったら暖めてから食べるのに、昨日は数時間放置してからなぜか冷めた状態で初めて食べてみたんですね。

そうしたらビックリ。

いつものからあげクンレッドとは別人のように辛さが1.5倍増しくらいになって自分好みの辛さになっていたのです。

酒のつまみにはもってこいのちょうどいい辛さに変貌していました。

 

辛さが変わったという表現をしましたが、実際は温度が冷めた事により辛さの体感が変わったと言うのが正しい表現だと思います。

というのもからあげクンって、常に暖めてある状態で売られていますよね?

僕は物を食べる時、元々そこまでしっかり噛んで食べるタイプではありませんでした。

さらに熱い物を食べる時はなお更です。(そういう人も多いと思います)

しかしからあげクンレッドを冷めた状態で食べると、温度が低いからいつも以上にゆっくり味わって食べられます。

熱くも無いので口の中で舌の上に乗せている時間も多少長くなります

それが原因でいつも以上にからあげクンレッドが辛く感じ、その味わいもしっかりと得られたのだと思います。

 


スポンサードリンク

 


 

からあげクンレッドの高評価ポイントその2:冷めても柔らかい

肉って結構冷めたら固くなったりしますよね。

からあげクンレッドはパッケージに鶏が書かれている通り、使われている肉は鶏肉です。

鶏肉も脂身が無いむね肉とかの部位だと冷めたら固くなります

 

「じゃぁからあげクンレッドに使われている鶏肉の部位はもも肉とか脂身が多い所なんだ!?」

そう思うのも自然ですよね。僕も冷めても柔らかいからあげクンレッドを食べた時はそう思いました。

しかしそれは大きな間違いで、調べてみると使われている肉はむね肉という事が判明しました。

きっとむね肉をそのまま使ったら冷めた時に固くなってしまうから、そうならないように工夫が施されたからあげクンはローソンさん自慢の商品と言えるでしょう。

ちなみに使われている鶏肉の原産国は安心の100%国産です。

 

 

からあげクンレッドの高評価ポイントその3:酒のつまみにも最適

お酒を飲まない人には申し訳ないのですが、酒のつまみってちょっと辛いものをちまちま食べるのが好きな人も少なくないと思います。

僕もその内の一人なのですが、からあげクンレッドを冷まして体感の辛さを上げ、同時に肉の柔らかさは損なわれない。

その状態で大事に大事に5個入りを1個3かじりくらいでちまちま食べながらお酒を飲むのが大好きです笑

これで缶ビール2本はいけちゃいますねっ!

さらに値段も216円と低価格だからなお更ありがたい。

 

からあげクンのカロリーや糖質

5個入りの糖質は6.2gで、カロリーは220kcalです。

なので1個あたりの糖質1.24g、カロリー44kcalとなりますね。

これはレギュラー・レッド共に同じような感じになっています。

 

からあげクンの味の種類・バリエーションは?

からあげクンは普段3種類くらいの味が常備販売されているイメージですが、キャンペーンなどで短期的に新しい味が販売されたりもしています。

↓過去に発売されたからあげクンの味のバリエーションはこれだけの種類があります。

 

  • ドラえカレー味(ドラえもんがパッケージに写っています)
  • 明太チーズ味
  • 仮面ライダー変身味(てりやき&チーズ)
  • タルタスソース味
  • モンスターストライククィバター味(北海道バター醤油)
  • 三代目 J Soul Brothers (焼肉味)
  • 天下一品監修こってり味
  • 信州上田美味だれ味
  • 青森県田子産のにんにく使用 焦がしラー油味
  • 新潟せきとり監修 新潟カレー味
  • 熊本県産 トマトケチャップ使用 トマトBBQソース味
  • 夢のミックス味
  • ホイミ味
  • からあげクンレッド ソフトバンクホークス版
  • からあげクン ホタテバター醤油味
  • からあげクン てりやきマヨネーズ味
  • からあげクン てりやきマヨネーズ味 マルキン醤油使用
  • からあげクン 焼肉マヨネーズたれ味「梅しん」
  • からあげクン 濃厚マヨネーズ味
  • からあげクン 焙煎ごま マヨネーズ味
  • からあげクン 北海道チーズ味
  • からあげクン 明太チーズ味
  • 大分 宇佐しょうゆダレ味
  • からあげクン 太閤醤油ダレ味
  • からあげクン 北海道ザンタレ味
  • 幻の手羽先風味
  • からあげクン ハワイアンバーベキュー味
  • からあげクン 東京のスパイス番長 タンドリーチキン味
  • バターチキンカレー味
  • CoCo壱番屋監修 カレースパイス味
  • からあげクン トリプルジャン味
  • からあげクン トムヤムクン味
  • からあげクン 瀬戸内 塩レモン味
  • からあげクン ゆずこしょう味
  • からあげクン 広島レモン味
  • からあげクン 鳥しげ盛 ゆず胡椒マヨネーズ味
  • からあげクン 大分かぼす胡椒味
  • からあげクン 醤油ラーメン味
  • からあげクン 龍旗信 監修 海鮮塩ダレ味
  • からあげクン 餃子の王将 味
  • サワークリームオニオン味
  • 香る深谷ねぎ
  • ねぎ辛味噌
  • からあげクン 鶏とゴボウの炊き込みご飯味
  • からあげクン 親子丼味
  • からあげクン オリーブ味(お願いランキング)
  • からあげクン はてな?味
  • 俺のフレンチ オマール海老ロースト風味
  • 俺のイタリアン クワトロフロマッジ味
  • 渡り蟹のトマトクリームソース味
  • からあげクン ピーチ味(北関東)
  • からあげクン 北海道焼きとうもろこし味
  • からあげクン 熟成黒にんにく味
  • からあげクン 塩こんぶ味
  • 生姜醤油味
  • 黒胡椒まぶしベーコン味

 

とんでもない味の種類ですね笑

過去にこれだけの種類が発売されていたのかと、こうやってみるとその歴史の長さが伝わってきます。

でもやっぱりからあげクンレッドが個人的には一番好きですっ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


スポンサードリンク

 


 

特定商取引法に基づく表示